フォト

テゼ - 日々のみことば

  • テゼ共同体・昼の祈りから
    新共同訳 ©共同訳聖書実行委員会・日本聖書協会 http://www.bible.or.jp/

お問い合わせ

  • 黙想と祈りの集い準備会
    〒177-0042
    練馬区下石神井6-43-5

    世話人:植松 功(うえまつ)
    ui2001@nifty.com
    Tel/Fax:03-3997-7178

    ※テゼ共同体の公式ページではありません。

祈りの録音

  • 日本の黙想と祈りの集い
    Copyright © A&PT (Taizé)
by PODCAST-BP
無料ブログはココログ

2013年10月: 韓国での東アジア大会

テゼ:信頼(そして和解)の巡礼
韓国テジョンでの東アジア青年大会

2013 年10 月2 日~6 日

韓国大会

■ テゼ共同体と「地上における信頼の巡礼」

テゼ共同体は、フランスにある国際色豊かでエキュメニカルな(教派を超えた)修道会です。毎年、世界中のあらゆる地域から、またカトリック・プロテスタント・正教会その他から(宗教上の背景に関わらず)、何万人もの若者が、週ごとのプログラムに参加するためにテゼを訪れます。(「テゼ」とは、テゼ共同体があるフランス東部の村の名前です。)

テゼ共同体は、分裂したキリスト者の間で、そして互いに隔てられた人びとの間で、「和解のしるし」として生きることを望んでいます。テゼは、世界の至るところで、若者とともに「信頼の巡礼」を企画しています。しかし、これは組織的な運動を起こそうとするものではなく、若者がそれぞれの家庭や共同体、自分の教会や大学で、いつも心に平和と信頼を携えて、他者との調和のうちに生き続けることを励ますものです。

テゼはまた、黙想的な歌と沈黙の祈りという礼拝スタイルでもよく知られています。単純素朴さと歌の繰り返しが黙想的な特徴を生んでおり、ここにテゼの歌の美しさがあります。

■ テゼと韓国

韓国は、1953 年の停戦以来、厳密に言えばまだ戦争下にあります。この韓国には30 年以上前から、数名のブラザーが住んでいます。この数年で、フランスのテゼを訪れる韓国人の数も増えています。

「信頼の巡礼」の大会が、テジョン(大田)という都市で開催されます。テジョンは韓国の中心部、またソウルから南に約150km のところにあります。テジョンは来年予定されているアジアン・ユース・デー(カトリックの青年大会)のホスト教区でもあります。テジョンのユースミニストリーとそのチャプレンが、この大会に積極的に参加しています。

テジョン周辺の地域には、韓国教会の歴史に関連する名所が沢山あります。殉教者や信仰の証言者の記憶を残す巡礼地が沢山あります。大会の数日前に到着し、テジョン(またはソウル)の名所を訪れることを希望する団体の方で、詳しい情報が必要な方は、お知らせください。

大会には、教派や出身地がさまざまな韓国の若者が参加し、海外からの仲間を歓迎します。参加者は、数日間生活を共にしながら、地域の平和と和解への憧れを表してゆきます。東アジア諸国から集まる若者にとって、この大会は、互いにより深く知り合い、また友情と信頼を築く機会となるでしょう。

■ テジョン大会について

祈りと黙想のうちに神に近づき、人生の意味を発見(または再発見)し、新しい活力を見出す――。韓国での大会は、このような山々に囲まれた静かな場所を、若者に差し出すものです。

「信頼の巡礼」では、自らを深く見つめ、神に尋ね、そして互いに耳を傾けることができるように、個人的な黙想を助ける雰囲気を大切にし、そのための時間も十分にとりたいと思います。

大会の参加者は、さまざまな背景の人々と語り合いながら、心からのキリスト者として新しい視点から自らの信仰について考え、そして社会や教会で責任あるメンバーとして生きるよう励まし合います。

平和にあふれる場所で共にすごし、祈りと食事と経験を分かち合い、信仰の源泉に向かって進みながら、それぞれの場所での日常に向けて休息と活力を見出し、隣国同士で信頼の架け橋を結んでゆきます。

■ 開催情報

日 程: 2013 年10 月2 日(水)夕方から10 月6 日(日)朝まで (部分参加はできません)

対 象: 18 歳~35 歳の若者(先着300 名まで)

場 所: テジョン(大田)、トング(東区)の青少年自然研修センター

  • 最寄り空港はチョンジュ(清州)国際空港です。
  • ソウルのインチョン(仁川)国際空港からもそれほど遠くありません。

宿 泊: 黙想の家の簡素なドミトリーに滞在します(1室6~20 名)

費 用(目安):学生は約90~100 ドル、社会人は約120~130 ドル

  • 最終的な金額が確定したら、詳しい情報を追ってお知らせします。
  • 少し多めに負担することができる人は、全額払うことが困難な人たちのための「助け合い募金」に参加することができます。

プログラム:プログラムの内容は、フランスのテゼでの週ごとのプログラムと同様です。

  • テゼの歌と沈黙による一日3 回の祈り
  • 聖書の導きとそれに続く小さなグループでの分かち合い
  • 内面的なテーマや社会の問題についてのさまざまなワークショップ
  • 歌の練習など

(中国、日本、香港および台湾から参加する方々のために、通訳が用意される予定です。)

案 内: ダウンロード [PDF]

登 録:

登録フォーム(日本からの参加者) <受け付けは終了しました>

  • 申込期間 2013 年6 月15 日から8 月31 日まで
  • 団体(旅程が同一の3~10 名以上)での参加を歓迎します。個人での参加も可能です。
    • 団体参加の場合も、お一人ずつ登録フォームを送ります。
      (同じグループであることがわかるよう、同じリーダー名/グループ名を記入してください。)
    • 10 名以上のグループの方は、専用のフォームでまとめて登録することができます。

|

テゼのベルリン大会(青年対象)

ベルリンでの大会

Berlin_2

ベルリンの諸教会と市長からの招きによって、2011年12月28日から2012年1月1日に第34回ヨーロッパ大会がベルリンで開催されます。

ベルリンという都市では、人々が困難な状況の中でも落胆することがなかったため、東西ヨーロッパの多くの人々にとってシンボルとなっています。数多くの地域の教会には、さまざまな性格があります。

そして、ベルリンの人々の多くは、キリスト教信仰にほとんど触れたことがなく、または、まったく触れたことがありません。しかし、そのようなベルリンは、すべての人が温かく歓迎されていると感じることができる場所なのです。

教会がすべての人々にとってもてなしの場所となりうるのだという「しるし」を、この大会は示すことができるでしょうか。


|

ロッテルダム大会に向けて

<終了しました>

ロッテルダム大会開催に向けて

【動画】 ロッテルダム大会へ向けて(英語)

2010年12月~2011年1月に、オランダで初めて行われるテゼのヨーロッパ大会に向けて、オランダの青年が寄せたメッセージが収録されています。

Taize - On the way to Rotterdam from Taizé on Vimeo.

Copyright © Ateliers et Presses de Taizé


|

テゼのロッテルダム大会(オランダ) 2010 - 2010年

<終了しました>

テゼのロッテルダム大会(オランダ) 2010 - 2010年

開催情報

ロッテルダムの街

開催日程

ロッテルダムのヨーロッパ大会は2010年12月28日から2011年1月1日にかけて行われます。大会ボランティアをしてくださる方は、12月26日に到着することができます。12月28日に到着する若者もまたワークチームや聖歌隊に参加することができます。手伝いに来られる方々は皆、大会のさまざまな活動を担います。

2日前に到着して

大会が円滑に進めるために、メイン・プログラムの始まる2日前に多くの若者の助けが必要です。12月26日に到着するボランティアは、以下のようなさまざまな仕事を手伝うことができます。

  • 12月28日に到着する人々を迎える
  • ワーク・チーム(食事の配膳、掃除、祈りの場の準備など)で働く
  • 教区での活動を支える
  • 共同の祈りで、聖歌隊で歌う

大会前に到着したボランティアは、12月28日以降に教区でのプログラムに参加することができます。


参加対象者

ヨーロッパ大会は、主に17歳から35歳までの若者が対象となります。(ある程度英語ができることが大切です。)

ヨーロッパ大会参加者

18歳未満の若者の方

18歳未満の若者は、ご本人がヨーロッパ大会に参加することについて書面による保護者の許可を示す記入済みのフォーム(様式)を持参しなければなりません。このフォームには、大会中、18歳未満の参加者に対して法的な責任を担うリーダーの名前を記入します。フォームを入手するには、テゼのヨーロッパ大会事務局にメールで問い合わせてください。meetings@taize.fr

また、出国の際に何らかの許可が必要ではないか確認してください。

16歳の方

16歳の方はリーダーと同伴の場合のみ、12月28日からのプログラムに参加することができます。(男の子2名につき1名の男性リーダー、女の子2名につき1名の女性リーダー)

これらの16歳の参加者に同伴するリーダーは、大会中、同じホストファミリーに滞在することになります。

36歳以上の大人およびご家族

ヨーロッパ大会は青年のために企画されているため、大人を対象としていません。36歳以上の方は、若者のグループを引率する場合に限って参加することができます。

その他の大人の方やご家族は、(フランスの)テゼの方で歓迎します。テゼには、時期によって大人を対象とした集いや家族を迎えるための週があります。

宿泊

大会中は、ロッテルダムやその近郊の街に住むご家族がホスト・ファミリーを引き受けてくださいます。教区の施設や、学校、スポーツ施設に滞在しなければならない人もいます。参加者は全員キャンプ用のマットレスや寝袋を持参してください。障碍を持つ若者は、適当な宿泊先が見つけられるよう、遅くとも10月か11月には参加登録を済ませてください。

参加費

参加費として提示される負担費用には、食事、現地での交通費、人件費、展示ホールの設備費、および大会のその他の費用が含まれています。すべての人が同じ費用を負担するのではなく、その一部は経済的状況の困難な青年の参加のために用いられます。

日本からの参加者は、70ユーロ程度 (正式な金額は10月に決定)。12月26日の準備から参加する若者も同額を支払います。36歳以上の大人の参加費は105ユーロですが、若者のグループを引率するために参加する場合には、若者と同じ額を支払います。

旅程と準備

ロッテルダムに12月28日の午前7時から正午に到着するように旅程を組んでください。12月25日または27日に到着することはできません。大会後の出発は1月1日の午後3時以降となります。オランダへの巡礼に向けた準備の際に、同じ地域から大会に参加する人々で、なるべく集まる機会を持つようにしてください。

ヨーロッパ大会の祈り

参加登録

2010年9月より、テゼのサイトからオンライン登録が可能となります。各グループのリーダーは、グループの参加予定数をできるだけ早く(11月1日より前に)登録してください。

個々の参加者データは、参加者が実際に申し込んだ際に、後から追加することができます。登録の締め切りは2010年12月1日です。

ロッテルダム大会のチラシ(英語) [PDF] 

  • ダウンロードせずにチラシの内容を見たい方は、
    以下の画面の下のバーから Menu>Fullscreenを選んでください。
  • 元の画面に戻るには、Escボタン(キーボードの左上)を押します。


|

テゼのヨーロッパ大会

青年のためのヨーロッパ大会のご紹介

パリ、ワルシャワ、ロンドン、ブリュッセル、ローマ、ブダペスト、ジュネーブ、バルセロナ・・・など、毎年クリスマスから元旦にかけて、テゼはヨーロッパの主要な都市で「ヨーロッパ大会」を開催します。何万人もの若者がヨーロッパ全土から、そしてヨーロッパ外から参加します。

【紹介ビデオ】(英語)

Taizé - European Meetings - english from Taizé Community on Vimeo.

Copyright © Ateliers et Presses de Taizé


|

信頼の巡礼: マニラ大会(フィリピン) 2010年2月3日(水)- 7日(日)

<終了しました>

信頼の巡礼:マニラ大会

2010年にマニラで開催されるアジア大会は、ブラザー・ロジェによって始められた「地上における信頼の巡礼」の新しい歩みになります。これはアジアで開催される5つ目の大会になります。(1985年・1988年:インドのマドラス(チェンナイ)、1991年:フィリピンのマニラ、2006年:インドのコルカタ。)

この巡礼の全体テーマは「内なるいのちと人間の連帯」。そしてこの大会の目的は、青年の神への探求と教会や社会で自らを差し出して生きようとする願いを応援すること。そのために、大会では、「信頼」「平和」「和解」というテーマによって、プログラムが構成されます。


具体的な情報

日程: 2010年2月3日(水)~2月7日(日)(4泊5日)
2月3日:昼ごろに到着 夕の祈りで大会が始まります。2月7日:朝の祈りの後で解散

会場: 中央会場:マニラ・マカティ、ドンボスコ

対象者: 20~35歳の青年。ある程度英語ができること。

プログラム:

  • 朝:地域の教会や施設など朝の祈り・朝食。
  • 昼:マニラの中央会場での昼の祈り・昼食。その後、分かち合いのグループやワークショップ。
  • 夕:夕食と夕の祈り。

宿泊: ホスト・ファミリー、教会、修道院など

食事: シンプルな食事が提供されます。朝食は宿泊先で、昼食と夕食は中央会場で提供されます。

参加費: 受付で4,620ペソ(70ユーロ相当)を払います。

※参加費は食事、宿泊、その他の経費に用いられるだけでなく、経済的状況の困難な青年の参加のために用いられます。

プレ・ミーティング・プログラム: 希望する青年には、大会前にフィリピンのさまざまな島で生活し、地域の青年たちと交流するプログラムに参加することができます。希望者はその旨をテゼに知らせ、詳細を確認してください。(1月24日~26日到着の方対象)

申込み先・問い合わせ
Meetings - Taizé Community, 71250 Taizé, France
Tel: (+33) 3 85 50 30 04 (英語)
manila@taize.fr
http://www.taize.fr/en  « Meeting in the Philippines »


|

テゼ共同体とフィリピン

和解しようとする心で葛藤を引き受けるために
   交わり(コミュニオン)の心熱い探求者になるために
      すべての人を包み込む友情を広げてゆくために
                              ブラザー・アロイス

テゼ共同体(コミュニティ)

テゼはフランスにある小さな村です。1940年、ブラザー・ロジェはここに超教派の男子修道会(共同体)を始めました。ブラザー(修道士)たちは、その生涯を、独身、単純素朴な生活、すべてを共有する生活に差し出しています。今日、テゼは、約30の国を出身とするカトリックとプロテスタント諸派を背景にもつ百数十名のブラザーたちから成っています。

テゼの存在は、「共同体(コミュニティ)のたとえ」の一つかもしれません。それは、いくつもの教派に分かれているキリスト者や敵対しあう人々の和解のしるしとなる生き方を願う共同体です。ブラザーたちは自らの労働によって共同体を支え、自らのための献金を受け取りません。個人的に遺産を受け取ることもなく、それらはすべて貧しくされている人々に贈られます。

もう何年にもわたって、ますます多くの青年たちが世界中からテゼを訪れ、毎週開催されるプログラムに参加するようになりました。一日3回、青年たちはブラザーたちとともに祈るために集います。神のことばについての学びや黙想、小さなグループでの分かち合いは、一人一人を人生の意味の発見や、それぞれの教会や社会で担うべき責任にむけて整えます。

毎年の年末に、テゼはヨーロッパの都市で、その地域の教会と協力して青年大会を開催しています。去年は、ベルギーのブリュッセルで開催され、40,000人の青年たちが集まりました。

ブラザー・ロジェが2005年に亡くなってから、ブラザーたちはブラザー・ロジェが始めた青年大会をさらに広げて進め、アジア(インドのコルカタ・2006年)、南米(ボリビアのコチャバンバ・2006年)、アフリカ(ケニアのナイロビ・2008年)などで青年大会を開催してきました。

テゼとフィリピン

テゼのブラザーたちは、70年代からフィリピンを訪問していました。そして毎年、フィリピンの各地から数名の青年がテゼに招かれ、3か月間テゼで開催される青年の集いに参加するようになりました。このようにして、彼らはフィリピンでの生活や教会での信仰の歩みを世界中から集まった青年たちに分かち合ってきました。フィリピンではすでに1991年に「信頼の巡礼」の歩みの一つとして青年大会が開催され、15,000人の青年たちが、その多くはフィリピン国内から、そしてそのほかの国々から集まりました。


|